like a field of flowers...
特別な日
 
 今日は本当は存在しない一日
 
 4年に一度の閏日です

すべての人にとってちょっと特別な一日ですね



そして、私にとって(私の家族にとっても)とても特別な日なのです。


私が生まれたのは閏年の3月1日の朝。

本当は2月29日に生まれそうだったんです。



・姉の場合
 2月29日は母と手をつないで歩いた最後の日
 翌朝起きたら母は病院に行ってて、私が生まれていたそうです
 そっか、私の誕生日って姉がおねえちゃんになった記念の日でもあるのか


・父の場合
 父の誕生日は2月28日
 閏年でなければ一日違いの誕生日です
 姉のときも妹のときも、父は出産に立ちあえなかったそうです。仕事でね
 唯一、私のときは朝だったので病院に行けて、私の泣き声を聞けたそうです
 2月29日は4年に一度訪れるお父さんとの真ん中誕生日

・母の場合
 2月末。そろそろ生まれる。父の誕生日である28日に生もうと必死で動き回ったらしい
 でも陣痛は訪れず日付は29日に。。。
 29日に生まれたら大変!だから一日安静にしていたそうです(笑)
 そして見事に日付が3月1日になってから生まれてきた私に、母はいつもこう言います
 『あなたはここぞと言うときに強いのよ。運がいい子なの』




そんな特別な一日がもうすぐ終わって、いよいよ私も年を重ねる。

この一年間は一生忘れない一年になった

誕生日会を企画していた前日、あの大震災。
世の中の常識がひっくり返った

そしまさかの結婚
色々とあったけれども無事に結婚式を上げる事ができて本当によかった



さようなら私の27歳

そしてしっかりと歩む自信があるぜ28歳、早く来い!



つぶやき comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tomocolon.jugem.jp/trackback/164
<< NEW | TOP | OLD>>